鴫焼き(読み)しぎやき

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しぎやき【鴫焼き】

なすに油を塗って焼き、練りみそを塗った料理。なすを油で炒め、みそやしょうゆで味つけした料理をいうこともある。◇なすの料理に鴫(しぎ)の名を用いた経緯は明らかでないが、室町時代料理書『武家調味故実』(1535年)には、「しぎつぼ」(「鴫壺焼き」の略とされる)というなすをくりぬいて鴫の肉を詰めた料理の記述があり、これが転じたものとする説がある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android