コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料理書 りょうりしょ

世界大百科事典 第2版の解説

りょうりしょ【料理書】

料理に関することを書いた本。料理本とも呼ぶ。料理をつくる際の参考書として,調理技術とそれに用いる材料知識選択のしかたなどの記述を基本とするが,実際はより多岐にわたる。すなわち日本でも古くは陰陽五行説に基づく材料の選択や組合せが調理の最重要課題であり,本草学による知識も不可欠のものであった。中世末には調理や食べ方の作法,心得がきわめて重視され,近世には味覚,視覚の両面からする材料の取合せが大きな比重をもち,さらにはさまざまな趣向を楽しむといった遊戯的色彩をもつものも現れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

料理書の関連キーワードデイトン(Len Deighton)西村市郎右衛門(初代)ユルバン=デュボア日本料理法大全だんご(団子)四条流包丁書フランス料理エスコフィエイタリア料理タイ(魚)料理山海郷ケチャップ川上 行蔵西洋料理通ぬた(饅)随園食単ドジョウ名飯部類精進料理カツレツ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

料理書の関連情報