コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻溝 コウコウ

大辞林 第三版の解説

こうこう【鴻溝】

大きなみぞ。転じて、へだてとなるもの。 「自己と他人の間に截然たる利害の-がある/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鴻溝の言及

【大運河】より

…これを浪湯渠といい,漢代には滎陽漕渠ともいった。大梁から南下する水路は浪湯渠のほか鴻溝,陰溝水などとも呼ばれたが,大梁付近から分かれて東に向かい,宋の開いた菏水の南方を通って彭城(江蘇省徐州市)で泗水に入ったのが汴水(べんすい)である。また前漢では都の長安に対する物資輸送の目的で,渭水の南に長安から華陰まで漕渠を開いて黄河に連絡させた。…

※「鴻溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鴻溝の関連キーワード一擲乾坤を賭す乾坤一擲截然

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android