コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡蘆水 つるおか ろすい

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴岡蘆水

生年:生没年不詳
江戸中・後期の浮世絵師。通称は金次,号を翠松斎という。江戸下谷金杉に住み,天明年間(1781~89)から文政年間(1818~30)にかけて活躍した。隅田川の西岸と東岸を2巻に描き分けた木版手彩色の巻物(または折本)『〈東都隅田川〉両岸一覧』(沢田東江題および跋,1781年刊)の筆者として知られる。<参考文献>小林忠「『隅田川両岸図巻』の成立と展開」(『国華』1172号)

(河野元昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鶴岡蘆水の関連キーワード画家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android