鶴座(読み)ツルザ

デジタル大辞泉の解説

つる‐ざ【鶴座】

南天の小星座。10月下旬の午後8時ごろ、南の地平線近くに、2個の二等星が並んで見える。学名 〈ラテン〉Grus

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つるざ【鶴座】

10月下旬の宵に南中する南天の星座。日本からは南の地平線近くに見える。アルファ星とベータ星は、ともに二等星。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android