コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うお座 うおざPisces

翻訳|Pisces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うお座
うおざ
Pisces

魚座。赤道北側の星座。概略位置は赤経 0時20分,赤緯 10°。黄道十二宮の 12番目。11月の宵に南中する。地球の歳差運動のため,現在の春分点はうお座のω星近くにあり,赤経 0時にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うお座
うおざ / 魚座

秋の南の空高くに見える星座。黄道十二星座の一つで双魚宮。ペガスス座の四辺形の南東寄りに接して「く」の字を強く押しつぶしたような形に、4等級の星が点々と連なる。「北の魚」と「西の魚」の2匹の魚がリボンのような帯で結ばれ、その折れ目のところにα(アルファ)星がある。ギリシア神話ではこの2匹の魚は、愛と美の女神アフロディテとその子エロスの化身とされている。赤道座標の原点になる赤経0時、赤緯0度の春分点が「西の魚」の尾の近くω(オメガ)星の南にあり、春分の日の太陽はここに位置する。春分点は歳差のため毎年、角度にして約50秒ずつ西へ移動しているため、かつてはおひつじ座にあり、約650年後にはうお座からみずがめ座へ移る。[藤井 旭]
『林完次著『星座「秋」』(1987・保育社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

うお座の関連キーワード本田らいだ~△ギリシア神話ラム・アイム伊藤はるかおひつじ座江利川瑠璃川島マリア甲斐はるか今泉絵梨香早乙女ゆう速水亜理紗小森あかね箱崎みなみ竹内まどか南野梨香山本佳伝大西桜寿天宮晃一結城知花長田真依

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うお座の関連情報