うお座(読み)うおざ(英語表記)Pisces

翻訳|Pisces

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うお座
うおざ / 魚座

秋の南の空高くに見える星座。黄道十二星座の一つで双魚宮。ペガスス座の四辺形の南東寄りに接して「く」の字を強く押しつぶしたような形に、4等級の星が点々と連なる。「北の魚」と「西の魚」の2匹の魚がリボンのような帯で結ばれ、その折れ目のところにα(アルファ)星がある。ギリシア神話ではこの2匹の魚は、愛と美の女神アフロディテとその子エロスの化身とされている。赤道座標の原点になる赤経0時、赤緯0度の春分点が「西の魚」の尾の近くω(オメガ)星の南にあり、春分の日の太陽はここに位置する。春分点は歳差のため毎年、角度にして約50秒ずつ西へ移動しているため、かつてはおひつじ座にあり、約650年後にはうお座からみずがめ座へ移る。[藤井 旭]
『林完次著『星座「秋」』(1987・保育社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android