コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南天 ナンテン

デジタル大辞泉の解説

なん‐てん【南天】

南の空。南半球の空。⇔北天
メギ科の常緑低木。本州中部以南の暖地に自生。葉は羽状複葉で、先のとがった楕円形の堅い小葉からなる。6月ごろ、白い小花を円錐状につける。果実は球形で、ふつう赤く熟す。果実を干して鎮咳(ちんがい)薬にする。庭木とし、品種が多い。南天竹。南天燭。 実=冬 花=夏》
家紋の一。2の葉や実を組み合わせて図案化したもの。
[補説]2は、「難転」と掛け「難を転じて幸となす」と解して、縁起物とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんてん【南天】

南の方の空。
メギ科の常緑低木。暖地に自生し、また庭木とされる。茎は叢生そうせいし、細く、高さ2~3メートル。葉は枝頂付近に互生し、羽状複葉で、小葉は披針形。初夏、大形の円錐花序に白色の小花をつける。果実は小球形で、晩秋初冬に赤色、まれに白色に熟し、漢方で鎮咳ちんがい薬とする。南天竹。南天燭。 〔「南天の花」は [季] 夏、「南天の実」は [季] 秋〕
家紋の一。の葉や実を図案化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

南天 (ナンテン・ナンデン)

学名:Nandina domestica
植物。メギ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

南天の関連キーワードいっかくじゅう(一角獣)座けんびきょう(顕微鏡)座ろくぶんぎ(六分儀)座みなみのうお(南魚)座らしんばん(羅針盤)座セロ・トロロ天文台こじし(小獅子)座おおいぬ(大犬)座かじき(旗魚)座欧州南天天文台インディアン座小マゼラン雲大マゼラン雲ナンテンジツはと(鳩)座へび(蛇)座南の三角座ほ(帆)座コンパス座ろ(炉)座

南天の関連情報