コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿の子C遺跡 かのこCいせき

1件 の用語解説(鹿の子C遺跡の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

鹿の子C遺跡

 茨城県石岡市で見つかった常陸国府[ひたちこくふ]の中の工房の跡です。たくさんの竪穴建物[たてあなたてもの]が立ち並ぶ、大規模な工房でした。東北地方に住む蝦夷[えみし]を攻めるために、武器やよろいなどをつくっていた工房のようです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿の子C遺跡の関連キーワード石岡市石岡常陸常陸大宮常陸風土記佐備大麻呂関俊平馬場資幹真壁氏幹

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone