麦わら帽子製造用環縫ミシン(読み)むぎわらぼうしせいぞうようかんぬいみしん

事典 日本の地域遺産の解説

麦わら帽子製造用環縫ミシン

(愛知県名古屋市瑞穂区塩入町5-15 ブラザーコミュニケーションスペース)
機械遺産」指定の地域遺産〔第15号〕。
ブラザー工業株式会社の創業者・安井兄弟は、ドイツ製が主流だった麦わら帽子製造用環縫ミシンの国産化に着手、外国製品に負けない耐久性を持った製品として1928(昭和3)年麦わら帽子製造用環縫ミシン「昭三式環縫ミシン」を開発、販売した。その耐久性によりユーザーから高い評価を得た

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android