着手(読み)チャクシュ

  • きて

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ある仕事に手をつけること。とりかかること。「研究に着手する」
(「著手」とも書く)刑法で、犯罪の遂行に直接関係のある行為にとりかかること。
囲碁・将棋などで、石を置いたり駒を動かしたりすること。手(て)。「着手禁止点」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 着る人。つける人。
※申楽談儀(1430)面の事「たつ右衛門迄は、たれもきるに子細なし。夜しゃより後のは、きてをきらふ也」
〘名〙
① とりかかること。やりはじめること。手をつけること。
※明六雑誌‐一四号(1874)知説・一〈西周〉「現在の施設に臨み着手の方法を定め」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「家康の時より著手し」 〔晉書‐杜預伝〕
② 刑法で、犯罪の実行を開始すること。すなわち罪を犯す意思で犯罪構成要件にあたる行為、あるいはそれに密接する行為を開始すること。実行の着手。他人の財布をすり取ろうとして、ポケットに手を差し入れる場合など。
※刑法(明治四〇年)(1907)四三条「犯罪の実行に著手し之を遂げざる者は其刑を減軽することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着手の関連情報