コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄茅渟 きぢぬ

大辞林 第三版の解説

きぢぬ【黄茅渟】

スズキ目の海魚。全長40センチメートルほど。タイの一種で、体形はクロダイに似る。全体に淡い青褐色で、腹びれ・尻びれ・尾びれの下半部が黄色。美味。本州中部以南の浅海・内海に分布。幼魚は汽水域に入る。釣りの対象魚。キチヌ。キビレ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄茅渟 (キチヌ)

学名:Acanthopagrus latus
動物。タイ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

黄茅渟の関連キーワードクロダイキチヌキビレ尾びれ汽水域分布内海体形浅海幼魚海魚

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android