黒鯛(読み)クロダイ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐だい〔‐だひ〕【黒×鯛】

タイ科の海水魚。全長約40センチ。形はマダイに似る。体色は暗灰色で、幼魚には7本の暗色の横帯がある。性転換をし、全長約20センチまでは雄で、成長するにつれて雌になる。ほぼ日本各地の沿岸分布。幼魚を「ちんちん」「かいず」ともいう。ちぬ。ちぬだい。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろだい【黒鯛】

スズキ目の海魚。全長40センチメートル 内外。タイの一種で、体形はマダイに似るが、吻はやや突き出す。全体が暗灰色で、腹面は銀白色。釣りの対象魚で、夏に美味。本州以南から中国の沿岸にかけて分布。チヌ。チンチン(幼魚)。カイズ(若魚)。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黒鯛 (クロダイ)

学名:Acanthopagrus schlegeli
動物。タイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐だい ‥だひ【黒鯛】

〘名〙 タイ科の海産魚。全長約五〇センチメートルに達する。体はタイ形。全体に暗灰色で腹方は淡い。幼魚は全て雄であるが、体長一五~二五センチメートルのものは雌雄同体となり、その後雄または雌に分化する。北海道南部以南の暖海に分布。内湾の浅い泥底や砂泥底域にすむが、磯などにも出現する。また海水域から淡水域に侵入することもある。視覚がよく発達し、警戒心が強い。雑食性で、甲殻類、貝類、クモヒトデ類、海藻類などを食べる。時に残飯なども食べるので、ムギ、スイカ、トウモロコシを用いた釣法も行なわれている。釣り魚として喜ばれる。夏に美味。ちぬ。ちぬだい。かいず。けいず。《・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒鯛の関連情報