生息/棲息/栖息(読み)セイソク

デジタル大辞泉の解説

せい‐そく【生息/×棲息/×栖息】

[名](スル)
ある場所にすむこと。多く動物についていう。「アフリカの草原に―する動物」「魚類の―区域」
(生息)生活すること。生存。「都会に―する」「―場所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいそく【生息】

( 名 ) スル
生きて生活すること。生存すること。 「地球上に-する動物」
棲息せいそく」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐そく【生息】

〘名〙
① 人間や動物が生きながらえること。生活すること。生存。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其水甚鹹に、鱗族も生息するを得ず」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「その中に生息(セイソク)してゐる動物は」 〔李覯‐惜雞詩〕
② 動物などが繁殖すること。
※菅家文草(900頃)一二・奉勅放却鹿鳥願文「有牝牡鹿、生息相続。今已成群」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android