生息(読み)せいそく

精選版 日本国語大辞典「生息」の解説

せい‐そく【生息】

〘名〙
① 人間や動物が生きながらえること。生活すること。生存
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其水甚鹹に、鱗族も生息するを得ず」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「その中に生息(セイソク)してゐる動物は」 〔覯‐惜雞
② 動物などが繁殖すること。
※菅家文草(900頃)一二・奉勅放却鹿鳥願文「有牝牡鹿、生息相続。今已成群」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生息」の解説

せい‐そく【生息/×棲息/×栖息】

[名](スル)
ある場所にすむこと。多く動物についていう。「アフリカの草原に―する動物」「魚類の―区域」
(生息)生活すること。生存。「都会に―する」「―場所」
[類語](1群棲帰化移入巣くう巣立ち回遊/(2生存存命存生在世生きる生かす在るそんする永らえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「生息」の解説

【生息】せいそく

生きる。宋・李を惜しむ詩〕行き行きて飮を求め 以て生息を助けんと欲す 卵出でて子(ま)た多し 子をふに、何ぞ勞役する

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android