コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黝色鉱染帯 ゆうしょくこうせんたいfahlband

岩石学辞典の解説

黝色鉱染帯

変成岩累層の結晶片岩中に黄鉄鉱,黄銅鉱,輝コバルト鉱など各種の硫化鉱物が片状層理に平行に鉱染的に含まれる鉱帯.これらの鉱物は低度の鉄鉱石の脈として,変成岩中の片岩や片麻岩の走行に沿った面に産出する.これらは経済的には重要ではないが外の金属脈を横切り,沈澱の効果や濃縮を引き起こすことがある[Lindgren : 1928].これは最初にノルウェーのコングスベルグ(Kongsberg)で銀脈が濃集することが記載された.スウェーデン,ノルウェー地方に多く,特にノルウェー南部のティリフィヨルド(Tyrifjord)の西南モダム(Modum)地方にはコバルト鉱の鉱染帯が発達する[渡辺編 : 1935].ドイツ語のfahlは錆びた茶色,土色の,蒼白のなどの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

黝色鉱染帯の関連キーワード黝鉱帯

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android