コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化鉱物 りゅうかこうぶつ sulfide mineral

3件 の用語解説(硫化鉱物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化鉱物
りゅうかこうぶつ
sulfide mineral

金属元素と硫黄の化合物から成る鉱物群の総称。金属と硫黄の原子比が,1:1のもの (閃亜鉛鉱,方鉛鉱,銅藍など) や,2:1のもの (輝銀鉱,輝銅鉱など) ,1:2のもの (黄鉄鉱,白鉄鉱など) ,3:4のもの (グレーグ鉱,スミス鉱) など,ほぼ整数比になっているもののほか,多くの不定比化合物鉱物 (デュルレ鉱方輝銅鉱磁硫鉄鉱など) が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硫化鉱物【りゅうかこうぶつ】

硫黄と金属,または硫黄とヒ素,アンチモンセレンテルルビスマスとの化合物からなる鉱物。金属は銀,鉄,鉛,銅,コバルト,水銀,ニッケル,亜鉛,カドミウムマンガンモリブデンなどが主要なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかこうぶつ【硫化鉱物 sulfide mineral】

硫黄と金属の結合した鉱物。地殻中の硫黄の存在量は酸素に比べてはるかに少ないが,硫化鉱物は数多く存在し,地殻の主体をなす鉱物とは異なった挙動を示し,局部的に濃集して鉱石となり,これらの金属の原料となっていることも多い。V.M.ゴルトシュミットによる元素の地球化学的分類の一区分である親銅元素(銅,亜鉛,鉛,銀など)および親鉄元素の一部と,硫化水素H2Sをおもな分属試薬とする陽イオン系統分析法における親硫黄元素には共通するものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫化鉱物の関連キーワード硫気孔硫化物硫黄華硫化鉄自然硫黄複合タンパク質水酸化鉱物フッ化硫黄(弗化硫黄)硫塩鉱物硫化レニウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone