コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化鉱物 りゅうかこうぶつsulfide mineral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化鉱物
りゅうかこうぶつ
sulfide mineral

金属元素と硫黄の化合物から成る鉱物群の総称。金属と硫黄の原子比が,1:1のもの (閃亜鉛鉱方鉛鉱銅藍など) や,2:1のもの (輝銀鉱輝銅鉱など) ,1:2のもの (黄鉄鉱白鉄鉱など) ,3:4のもの (グレーグ鉱,スミス鉱) など,ほぼ整数比になっているもののほか,多くの不定比化合物鉱物 (デュルレ鉱,方輝銅鉱,磁硫鉄鉱など) が知られている。重金属の主要鉱石鉱物は大部分硫化鉱物として産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

硫化鉱物【りゅうかこうぶつ】

硫黄と金属,または硫黄とヒ素アンチモン,セレン,テルル,ビスマスとの化合物からなる鉱物。金属は銀,鉄,鉛,銅,コバルト,水銀,ニッケル,亜鉛,カドミウム,マンガン,モリブデンなどが主要なもの。多くは重要な鉱石鉱物。またABXの形でAが金属,Bがヒ素,アンチモンなど,Xが硫黄の化学組成をもつものを硫塩鉱物という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかこうぶつ【硫化鉱物 sulfide mineral】

硫黄と金属の結合した鉱物。地殻中の硫黄の存在量は酸素に比べてはるかに少ないが,硫化鉱物は数多く存在し,地殻の主体をなす鉱物とは異なった挙動を示し,局部的に濃集して鉱石となり,これらの金属の原料となっていることも多い。V.M.ゴルトシュミットによる元素の地球化学的分類の一区分である親銅元素(銅,亜鉛,鉛,銀など)および親鉄元素の一部と,硫化水素H2Sをおもな分属試薬とする陽イオン系統分析法における親硫黄元素には共通するものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

硫化鉱物の関連キーワード硫化鉱物の2次富化帯ヒ素鉱物(砒素鉱物)モリブデン鉱物キースラーガー正マグマ鉱床ニッケル鉱物銀安四面銅鉱テーブル浮選輝コバルト鉱マンガン鉱物黝色鉱染帯硫酸塩鉱物ザンセート優先浮選ウルツ鉱LPF法コベリン金属元素自生鉱物浮遊選鉱

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硫化鉱物の関連情報