コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄銅鉱 おうどうこう chalcopyrite

翻訳|chalcopyrite

6件 の用語解説(黄銅鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄銅鉱
おうどうこう
chalcopyrite

CuFeS2を 34.5%含む真鍮黄色の銅の主要な鉱石鉱物正方晶系,結晶は普通四面体をなすが,多くは緻密塊状,断口不規則。脆弱,硬度 3.5~4,比重 4.1~4.3,金属光沢,真鍮黄色であるが,変色して青,紫色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうどう‐こう〔ワウドウクワウ〕【黄銅鉱】

硫黄からなる鉱物。黄鉄鉱に似るが、条痕(じょうこん)色は緑黒色で軟らかい。正方晶系。銅の鉱石として重要。カルコパイライトキャルコパイライトチャルコパイライト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄銅鉱【おうどうこう】

黄色で金属光沢をもつ鉱物。化学式はCuFeS2。自然金に似ているが,条痕(じょうこん)色は帯緑黒色で,展延性がない点が異なる。正方晶系。四面体の結晶が多いが,産状は多くは塊状。
→関連項目黒鉱正方晶系

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうどうこう【黄銅鉱 chalcopyrite】

日本でもっとも多く見られる銅鉱物。化学組成CuFeS2(Cu34.6%)。産地による組成変化は小さい。黄鉄鉱より濃い黄色で,割った面は貝殻状である。結晶として産するときは四面体が多いが,自形を示さないことも多い。セン亜鉛鉱(ZnS,等軸晶系)と似た結晶構造(セン亜鉛鉱を二つ重ねて,その中のZn原子の半分をCu,半分をFeで置き換えた構造)で,正方晶系に属するが,その四面体(面のなす角108゜40′)は立方晶系の四面体(面のなす角104゜30′)に近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうどうこう【黄銅鉱】

銅・鉄・硫黄の化合物。正方晶系。黄金色で金属光沢がある。銅の最も主要な鉱石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄銅鉱
おうどうこう
chalcopyrite

低~高温の熱水鉱脈鉱床、接触交代鉱床スカルン型鉱床)、黒鉱鉱床を含む噴気性堆積(たいせき)鉱床、含銅硫化鉄鉱床中、ある種の気成鉱床などに産する硫化鉱物。もっとも一般的な銅の鉱石鉱物。硫化鉱物中もっとも多種の共存鉱物をもつものの一つといわれる。
 地表条件で徐々に分解され、より品位の高い硫化銅鉱物や斑(はん)銅鉱などに変化するほか、第二銅イオン(Cu2+)を主成分とするくじゃく石・藍(らん)銅鉱・ブロシャン銅鉱・珪(けい)くじゃく石などが形成される。自形結晶は変化に富むがまれである。正八面体に近い立体、俗に三角銅とよばれている直角二等辺三角形台厚板状のものや、一見斜方柱状のものもある。外見上は黄鉄鉱に類似するが、硬度が低く、条痕(じょうこん)はやや緑色味を帯びる。地表で水分を含んだ空気にさらされると虹(にじ)色の錆(さび)を生ずることが多い。化学成分変化も化学組成変化も乏しい。理想値よりやや硫黄(いおう)に乏しいものがあり、高温高圧条件下で生成されたものでは、少量のニッケルを含むものがある以外は含セレン変種があるのみ。室内実験でつくられた高温型黄銅鉱に近く、わずかに硫黄に乏しい相として、タルナフ鉱、モオイフーク鉱、ヘイコック鉱、プトラン鉱などの類似種がCu-Fe-S三成分系鉱物に知られている。
 日本の産地は多数あるが、秋田県仙北郡協和町(現、大仙(だいせん)市協和)荒川鉱山(閉山)の変化に富む結晶や、栃木県上都賀(かみつが)郡足尾町(現、日光市足尾町)足尾鉱山(閉山)、秋田県北秋田郡阿仁(あに)町(現、北秋田市阿仁)阿仁鉱山(閉山)の良晶はよく研究された。英名はギリシア語のchalkos(銅)とpyr(閃光)の合成による。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄銅鉱の関連キーワード黄鉄鉱輝銅鉱四面銅鉱赤銅鉱斑銅鉱銅鉱コベリンエコンドライトアタカマイト銅鉱物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄銅鉱の関連情報