コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

𠮟り/呵り シカリ

デジタル大辞泉の解説

しかり【𠮟り/×呵り】

口に出してとがめること。「社長のお―を受ける」
江戸時代、庶民に科した最も軽い刑罰。白州(しらす)に呼び出してその罪をしかるだけにとどめたもの。軽重2種あり、重いものを屹度(きっと)𠮟りといった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

𠮟り/呵りの関連キーワードグリーンフラッシュ目を三角にするレリーフ滝亭鯉丈青そこひ緋鹿の子江戸時代屹度𠮟り電気解離竜頭鷁首旅客機いしる旅客船有田焼李卓吾磨研紙竜の宮利子率こくる蚊燻し

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android