コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白州 はくしゅう

3件 の用語解説(白州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白州
はくしゅう

山梨県北西部,北杜市西部の旧町域。駒ヶ岳の北東斜面を占める。 1955年長坂町の一部と駒城村の一部,鳳来村,菅原村とが合体して白州町が成立。 2004年明野村,須玉町,高根町,長坂町,大泉村,武川村と合体して北杜市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐す【白州/白×洲】

白い砂の州。
邸宅の玄関先や庭園などで、白い砂や小石の敷いてある所。
能舞台と観客席との間の、砂利を敷きつめた所。
《庭に白い砂利が敷かれていたところから》江戸時代、奉行所の裁きを受ける庶民が控えた場所。また転じて、奉行所・法廷。おしらす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

能楽事典の解説

白州

能舞台が屋外にあった時の名残で、玉石が敷かれています。
舞台に近い方から一ノ松、二ノ松、三ノ松と、順に小さくして遠近感を出しています。

出典|社団法人能楽協会
能楽事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白州の関連情報