コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

106キーボード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

106キーボード

PC/AT互換機用の日本語入力キーボード。日本IBMを中心とするOADG(Open Architecture Development Group)が、101キーボードをベースに、日本語入力、変換用のキーを追加したもの。キートップが106個あることからこう呼ばれる。JISで決められたキー配列が採用されているため、JISキーボードとも呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちまるろく‐キーボード【106キーボード】

106 keyboardPC/AT互換機用のキーボード。米国IBMが開発した101キーボードに、日本語入力に必要な五つのキーを追加したもの。→いちまるいちキーボード(101キーボード)

ひゃくろく‐キーボード【106キーボード】

106 keyboard》⇒いちまるろく(106)キーボード

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

いちゼロろくキーボード【106キーボード】

ひゃくろくキーボード。⇒ひゃくろくキーボード

ひゃくろくキーボード【106キーボード】

日本IBMが同社のパソコン用に開発したキーボード101キーボードに日本語入力に伴うキーを5個追加したもの。PC/AT互換機用の日本語キーボードとして普及した。◇「いちゼロろくキーボード」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

106キーボードの関連キーワードファンクションキー109キーボードいちまる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

106キーボードの関連情報