同社(読み)どうしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① それと同じ神社、または会社。〔文明本節用集(室町中)〕
② 前に述べた、その神社、会社。
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉一「一時は同社(ドウシャ)の人々にも馬鹿にされさうに思はれたが」
③ 同門、同窓の仲間。また、同じ会社、結社などの仲間。
※蕉堅藁(1403)送済上人之天草「相看一笑鬢如銀、二十年前同社人」
※蘭東事始(1815)下「同社桂川甫周君の御父甫三君は、前にいへるごとくの御旧友なりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

同社の関連情報