五つ(読み)イツツ

デジタル大辞泉の解説

数の名。四つの次、六つの前の自然数。ご。いつ。5個。
5歳。
時刻。今の午前8時および午後8時ころ。いつつどき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一の五倍の数。五(ご)。いつ。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「つもれるとしを しるせれば いつつのむつに なりにけり〈壬生忠岑〉」
② 第五番目。
※徒然草(1331頃)一一七「友とするにわろき者七つあり。〈略〉五つには、たけく勇める兵(つはもの)
③ 年齢の呼び方で、五歳。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「いつつむつばかりなりし程にやにはかに胸を病みて失せにき」
④ 人数の五。五人。
※後拾遺(1086)序「梨壺のいつつの人といひて、歌にたくみなる者あり」
⑤ 中古から近世の時刻の呼び方で、午前八時頃および午後八時頃。いつつどき。
※曾我物語(南北朝頃)九「五つ以後のかよひかなふべからずとの御おきてなり」
※虎明本狂言・磁石(室町末‐近世初)「なんどきじゃと思ふぞ、五つ時分じゃが」
⑥ 「いつつぎぬ(五衣)」の略。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘七年正月一五日「紅一かさね、上に紅梅の濃き薄きいつつを重ねたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五つの関連情報