コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

11月4日広場 じゅういちがつよっかひろば

1件 の用語解説(11月4日広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

じゅういちがつよっかひろば【11月4日広場】

イタリア中部の古都で、大学の町ペルージャ(Perugia)の中心にある広場。古代ローマ以前のエトルリア時代から町の中心だったところで、広場の南に政庁舎になっている13~15世紀の建造物プリオリ宮(Palazzo dei Priori)、宮殿の左端に15世紀の建物コッレージョ・デル・カンビオ(Collegio del Cambio)、広場の北に大聖堂が建っていて、古都ペルージャを彷彿とさせる場所である。大聖堂の正面には、見事な彫刻の大噴水(Fontana Maggiore)、その先の聖堂の石段の上にあるユリウス3世ブロンズ像が広場を見下ろしている。もう一つの広場であるイタリア広場と、この広場を結ぶ通りが、ペルージャの目抜き通りコルソ・ヴァヌッチ(Corso Vannucci)になっている。◇1918年11月4日の第一次世界大戦の戦勝を記念して名づけられた。「グランデ広場」とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

11月4日広場の関連キーワードウンブリアトルジャーノペルージアペルージア大聖堂ペルージャペルージャ大聖堂ペルージュリオ・マリーナ奥様女中ウンブリア[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone