コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

11月4日広場 じゅういちがつよっかひろば

世界の観光地名がわかる事典の解説

じゅういちがつよっかひろば【11月4日広場】

イタリア中部の古都で、大学の町ペルージャ(Perugia)の中心にある広場。古代ローマ以前のエトルリア時代から町の中心だったところで、広場の南に政庁舎になっている13~15世紀の建造物プリオリ宮(Palazzo dei Priori)、宮殿の左端に15世紀の建物コッレージョ・デル・カンビオ(Collegio del Cambio)、広場の北に大聖堂が建っていて、古都ペルージャを彷彿とさせる場所である。大聖堂の正面には、見事な彫刻の大噴水(Fontana Maggiore)、その先の聖堂の石段の上にあるユリウス3世ブロンズ像が広場を見下ろしている。もう一つの広場であるイタリア広場と、この広場を結ぶ通りが、ペルージャの目抜き通りコルソ・ヴァヌッチ(Corso Vannucci)になっている。◇1918年11月4日の第一次世界大戦の戦勝を記念して名づけられた。「グランデ広場」とも呼ばれる

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone