コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石段 イシダン

世界大百科事典内の石段の言及

【階段】より

…その両わきに登高欄と呼ぶ手すりをつけたものと,つけないものがある。石造の階段,すなわち石段は,飛鳥時代に基壇を備えた仏教建築の渡来とともにつくられ始め,切石製の踏段の両側面に三角形の低い壁をつけた単純な形式を用い,ほとんどの場合手すりは設けない。日本の明治以前の建築では,中国やヨーロッパの階段のように,手すりや踏段に装飾をこらしたり,階段の空間的表現を積極的にくふうしたものが発達しなかったが,これは,日本建築では2層以上の楼閣建築であっても,2階以上を実際に使用することが少なかったことや,寺院などの基壇も中国のように高くつくられなかったことによると考えられる。…

※「石段」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石段の関連キーワードワットプラタートドーイステープワットプラタートドイステープ群馬県渋川市伊香保町伊香保愛宕山(東京)ビューラン山タブラリウム樺太神社跡曲垣平九郎駆け上がる中央[町]浄智寺境内鞍馬の火祭昆明の龍門中央〈町〉伊香保温泉息が切れる山房窟寺消し飛む川合又吉グロット

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石段の関連情報