戦勝(読み)せんしょう

精選版 日本国語大辞典「戦勝」の解説

せん‐しょう【戦勝・戦捷セフ

〘名〙 戦争に勝つこと。〔文明本節用集(室町中)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「戦勝を得んと欲せば、大将たるもの、全幅の心力を戦闘に用ふべし」 〔韓詩外伝‐巻三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「戦勝」の解説

【戦勝】せんしよう

勝ちいくさ。〔礼記、聘義〕・強力なるも、之れを禮義・戰に用ひずして、之れを爭に用ふるものは、則ち之れを亂人と謂ふ。

字通「戦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android