64ビット対応(読み)ろくじゅうよんビットたいおう

パソコンで困ったときに開く本の解説

64ビット対応

 あるソフトが、64ビット版のOSで動作すること、あるいは、OSが64ビット版であることを指します。ここでいう64ビットとは、データを処理するときに64ビット単位で計算できるということです。従来の32ビット版のOSやソフトと比較し、扱うデータ量が大きな学術計算、高画質の映像や高音質の音楽データの処理などが高速化されます。また、64ビット版OSでは、管理できるメモリーの最大容量が増え、パソコンのメモリーを従来より増やせるなどのメリットがあります。ソフトが「64ビット対応」という場合は、32ビット版OSでは32ビット単位、64ビット版OSでは64ビット単位でデータを扱えます。特に「64ビット」と表記のないソフトは、基本的に32ビット版OSでも動作しますが、64ビット専用ソフトは32ビット版OSでは使えません。ウィンドウズの通常版は32ビット版ですが、ウィンドウズ7では、64ビット版が搭載されているパソコンも多いです。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android