コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

64ビット対応 ろくじゅうよんビットたいおう

1件 の用語解説(64ビット対応の意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

64ビット対応

 あるソフトが、64ビット版のOSで動作すること、あるいは、OSが64ビット版であることを指します。ここでいう64ビットとは、データを処理するときに64ビット単位で計算できるということです。従来の32ビット版のOSやソフトと比較し、扱うデータ量が大きな学術計算、高画質の映像や高音質の音楽データの処理などが高速化されます。また、64ビット版OSでは、管理できるメモリーの最大容量が増え、パソコンのメモリーを従来より増やせるなどのメリットがあります。ソフトが「64ビット対応」という場合は、32ビット版OSでは32ビット単位、64ビット版OSでは64ビット単位でデータを扱えます。特に「64ビット」と表記のないソフトは、基本的に32ビット版OSでも動作しますが、64ビット専用ソフトは32ビット版OSでは使えません。ウィンドウズの通常版は32ビット版ですが、ウィンドウズ7では、64ビット版が搭載されているパソコンも多いです。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

64ビット対応の関連キーワードOS/232ビットOSシステムソフトウェアJava動作環境メールソフトe-mailソフトラビットフードスペシャル ソフトタイプロイヤルソフトOS/基本ソフト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

64ビット対応の関連情報