コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

A.D.

大辞林 第三版の解説

A.D.

ラテン anno Domini〗 〔「主の年において」の意〕
西暦。キリスト紀元。紀元後。 → B.C.

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のA.D.の言及

【紀年法】より

…紀元元年となるキリスト誕生の年は確定したものでなく,後世の学者の研究によれば,4年ないし5年ほど昔にさかのぼるものと考えられている。西暦年数を表すA.D.は〈神の年〉Anno Dominiの略である。A.D.は1年から始まり,たとえば西暦1985年はA.D.1985と記される。…

※「A.D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

A.D.の関連キーワードプレ・プロジェクタイル・ポイント文化ユーリー グリゴローヴィチギリシア哲学史(年表)Anno Dominiエー・ディー・ワークスL. チュコフスカヤラテン文学史(年表)東南アジア史(年表)オセアニア史(年表)ウィッグルズワースオーストラリア文学イギリス史(年表)フランス史(年表)スイス史(年表)エカテリーナ1世合理的農業の基礎ローマ史(年表)土地と自由(党)グリゴロービチピョートル2世

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

A.D.の関連情報