コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Anderson,T. AndersonT

世界大百科事典内のAnderson,T.の言及

【ピリジン】より

…ベンゼンの-CH=単位一つを窒素原子で置換した構造をもつ化合物。イギリスのアンダーソンThomas Andersonは,1846年にコールタールからピリジンの同族体であるピコリン(メチルピリジン)を初めて単離し,その後まもなくピリジンそのものを骨油から単離した。当初その構造が確定せず,図1‐bのように書かれていたが,69年イギリスのJ.デュワーによって図1‐aの構造をもつことが示された。…

※「Anderson,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Anderson,T.の関連キーワードロング・テールロングテールアンダーソン局在クラスター分析判別分析シュードカタクラスティック組織ソリフラクション片面転動層砕屑岩脈偽破砕組織