コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスター分析 cluster analysis

ブランド用語集の解説

クラスター分析

クラスター分析とは、各個体の距離を定義できるデータに基づいて、距離の大小により個体のまとまり(クラスター)を構成する多変量解析の手法のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について | 情報

岩石学辞典の解説

クラスター分析

すべての変数が同時に測定されている場合の対象となる類似した群を区別する目的で用いられる.この方法を用いたバハマ(Bahama)の炭酸塩堆積物の研究など,様々な研究が行われている[Purdy : 1963, Parks : 1966,Mather : 1969, Pennines & Anderson : 1971, Till : 1974].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クラスター分析

 多変量解析の一つで,群に分けて解析する方法.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

DBM用語辞典の解説

クラスター分析【cluster analysis】

クラスター(Cluster)はもともとはブドウの房の意味。群れ、集団、集落のこと。住んでいる地域、年令・性別・年収などの人口統計学的データ、趣味・ライフスタイルなどの心理的特徴をベースにして似たようなグループにくくった固まりをクラスターと表現している。共通した特性によって人々や物事をグループに分ける統計的分析手法。有効な分類軸がわからないデータを、自動的に切り口を探し出してくれる。顧客の行動や興味の特性から分類し、例えば、ヤッピー(Yuppies)としてクラスター化し、そのクラスターをターゲットにしてプロモーションコピーやデザインを行う。クラスター分析の前にクラスター・サンプル(ClusterSample)の抽出が必要。顧客リストからテストサンプルを選び出す。例えば、10万人から2つの5000サンプルを選び出す場合、まず10万人をランダムに20グループに分ける。つぎに、その20グループから2つのグループを選択する。もし2つのグループが同じような特徴をもつグループであれば、サンプル間のリスポンスの違いは各グループに送ったプロモーションの違いになる。テスト目的に合わせて、多段階でテストサンプルを抽出する方法。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラスターぶんせき【クラスター分析 cluster analysis】

ある集団について各個体の属性あるいは形質データにもとづき似たものどうしをいくつかの群(クラスター)にまとめて類型を作り出す分類手法で,統計的多変量解析法の一つ。数値分類法や自動分類法などともいわれる。クラスターとはブドウの房とか集落の意。クラスター分析が類型を求めるのに対し,判別分析といわれる多変量解析手法はすでにある類型や群に新たな個体を判別する。生物,鉱物の分類をはじめ,ものの分類整理は科学の基本であり,古くからの課題である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クラスターぶんせき【クラスター分析】

〔クラスターは「集団」の意〕
多変量解析の手法の一。データをある基準に基づいて集団に分けて解析するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラスター分析
クラスターぶんせき
cluster analysis

多数の変数あるいは測定対象があるとき,それら相互間の相関係数やそのほか適当な類似度を示す指標を要素とする行列を基礎にして,いくつかのまとまり (クラスター) を発見する方法。因子分析の予備として行う場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラスター分析
くらすたーぶんせき
cluster analysis

さまざまな性質が混在するデータを、客観的な数値基準に従っていくつかの集団(クラスターcluster)に分けて、類型化することにより対象の特性を分析する手法の総称。クラスターとはブドウの房や集落の意。科学的に複数集団に分類するため、先入観や慣例による恣意(しい)的な分類を排除できるという特徴がある。広くマーケティングに活用されており、たとえば消費者が商品を選ぶ際にどのような点を重視するかを調査し、「高級志向派」「堅実派」「流行追求派」といった各クラスター(消費者集団)の特徴ごとに商品開発や販売促進策を進めるという手法がとられる。このほか検査値に基づく疾患の分類、市町村の交通圏・文化圏といった地理的分類による市町村合併や選挙区の区割り、マニフェストによる政党・党派の分類、絵画などの芸術作品や手紙・文章の真贋(しんがん)判定、考古学で発掘された人骨や遺物の分類など幅広い分野で活用されている。
 クラスター分析は、グループ分けのための計算手法の違いで、大きく「階層的手法」と「非階層的手法」の二つに分けられる。階層的手法は似たデータどうしをまとめていき、いくつかの集団にわける手法をとる。代表例には、一定の基準に従ってもっとも類似したデータどうしから集めていく「最短距離法」、もっとも遠いデータから集めていく「最長距離法」、クラスター内のデータの平方和を最小にする「ウォード法」などがある。一方、非階層的手法はあらかじめ決めておいたクラスター数にデータを分割していく方法をとり、代表的手法に各クラスターに含まれる各標本点とそのクラスターの重心との近さを計算していく「k平均法(k-means法)」がある。階層的手法は分析結果を樹形図(デンドログラム)に表示できるという特徴があり、樹形図をみながら集団の数を決められるという利点があるが、分類対象が多い場合には計算量が膨大になるという欠点がある。これに対し、非階層的手法は大量のデータ分析に向いているが、クラスター数を任意に設定するため、集団の数によって分析結果が大きく左右されるという欠点がある。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラスター分析の関連キーワードデンドログラム計量政治学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラスター分析の関連情報