コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Aur Aur

世界大百科事典内のAurの言及

【ぎょしゃ座(馭者座)】より

…略号はAur。天の川沿いの北天の星座。平たい五辺形を作るこの星座は,アテナイ王エリクトニオスの姿を描いている。生まれつき足が不自由で,4頭立ての戦車を発明し自在に走り回ったという。α星カペラは雌ヤギという意味で,彼の腕に抱かれた姿が描かれる。ε星は周期27.1年の長周期食連星で,その主星は直径が太陽の数十倍もある巨星である。伴星も太陽の二十数倍の質量をもつが,スペクトル観測からその直径はかなり小さく,高密度の星と考えられている。…

※「Aur」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Aurの関連キーワードアッシュール(アッシリア帝国)マウリッツハイス美術館アッシュール・バニパルぎょしゃ座(馭者座)アグラウライト斑岩ゴウシュウマダイオーロラゾーン黄星瑠璃金花虫大白点青夜盗蛾サンタマウラ島大蝦蟇口夜鷹姫淡紅尖翅蛾モササウルス黄頭青嘴鸚哥屋久島猿滑り頬白烏帽子鳥ナルホエ山丹羽擬馬陸姫扁長亀虫黄額舞子鳥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android