コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B言語 びーげんご

2件 の用語解説(B言語の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

B言語

プログラミング言語のひとつで、1970年に、Kenneth L. ThompsonがBCPL(Basic Combined Programming Language)というプログラミング言語をもとに開発した。文法がシンプルでわかりやすいのが特長で、後にUNIX用に改良され、C言語に発展する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

B言語の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

B言語の関連情報