コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B2B ビー ツー ビー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

B2B

企業間での電子商取引。Business to Businessを略して、「B to B」や「B2B」などと呼ばれている。「B to B」サービスを提供するWebサイトを、eマーケットプレース(電子取引市場)と呼ぶ。最近では、電子商取引に限らず、一般的な企業間取引も「B to B」と呼ぶようになっている。同様に、企業と消費者との取引は、Business to Consumerを略して「B to C」「B2C」。企業と政府間の取引は、Business to Governmentを略して「B to G」「B2G」。企業と従業員間の取引は、Business to Employeeを略して「B to E」「B2E」と呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

B2B

Business to Businessの略。インターネットの普及で変化した企業と消費者とのかかわり方を端的に表現するために生まれた用語の一つであり、「企業間取引」を意味する。複数の企業における商取引は長い歴史を持つが、B2Bといった場合にはこれらの取引全般を差すのではなく、インターネットを介したものに限定するのが通例である。
同カテゴリの語には「B2C」「C2C」などがある。「B」は「Business」(企業)、「C」は「Consumer」(一般消費者)の頭文字である。B2Bは企業同士の取引であるため、オンライン決済システムの提供や電子商取引用のホームページそのものの構築といった、一般消費者向けとは根本的に異なるものもあるが、その一方でオフィス用のパソコンや、文房具の通販といった、一般消費者向けと明確に区分することが難しい商材を扱っている場合もある。一般消費者向けと共通の商材を扱う場合、ホームページのトップに「法人向け」「個人向け」などというボタンを設置し、顧客を振り分けるシステムを採用していることが多い。この場合「法人向け」とされているページでは低コストの実用本位の製品が主として扱われ、「個人向け」では凝ったデザインの多機能型の製品が扱われる。ただし、製品の性格が微妙に異なるだけで、販売システムなどに違いが見られることはほとんどない。企業ではこのような形態を取ることにより、より多くの質の異なる顧客に対するサービスを同一のシステムで提供しようとしている。

(高安正明  ITライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ビジネス用語集の解説

B2B

B2BはBtoBとも表記され、EC(電子商取引)における、企業(business)間取引のことを指します。

具体例としては、製品メーカーと商社の取引や、卸問屋と小売店の間など、企業間の取引がB2B(BtoB)に該当します。

一般消費者を「C」(Consumer)と呼んでいて、企業と一般消費者間の取引をB2C(BtoC)、一般消費者同士の取引をC2C(CtoC)と呼んでいます。

インターネットを介した取引が増加したことによって、従来あまり想定されなかった取引(C2C)などが増えてきて、「B」や「C」と呼んで区別する必要性が高まったともいえます。

応用してBtoBtoC(2社の企業を経由して一般消費者に商品が届く形態)などと言うこともあります。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

B2Bの関連キーワードBtoB、BtoC、BtoE、CtoCBCommerce Serverエンドウマメ・グリーンピースB to B/B to Cビタミンの関係する代謝異常ビタミンビーふくごうたいできもの・いぼ・にきび粃糠性脱毛症(ふけ症)eデービッド ウェイBtoB/BtoC総合ビタミン剤ローヤルゼリー口内炎・口角炎ホウレンソウサヤインゲン脂漏性皮膚炎ビタミンB3ビタミンB群

B2Bの関連情報