コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B2C びーつーしー Business to consumer

4件 の用語解説(B2Cの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

B2C

Business to consumerの略。B2Cは、企業が個人消費者を対象にして行う電子商取引のことで、一般的なネット通販の他、ストリーミング配信形式によるコンテンツ販売、個人投資家を対象としたインターネットトレーディングサービスなどを含む。
インターネットの普及で変化した企業と消費者とのかかわり方を端的に表現するために生まれた用語の一つであり、同カテゴリの語には「B2C」「C2C」などがある。「B」は「Business」(企業)、「C」は「Consumer」(一般消費者)の頭文字である。
B2Cサイトによる通販が企業に利益をもたらすかどうかは、そのサイトを訪れるユーザーの数にほぼ比例する。このため、多くのB2Cサイトは、アクセス数を増やすための工夫をホームページ内部に盛り込む。アクセスアップのために用いられる手段として一般的なのが、「SEO対策」と呼ばれる。これは、各種検索エンジンでの検索結果上位にそのサイトのリンクを表示させるための各種の対策手段である。また、個人ベースのホームページ管理者に広告を表示させ、商品販売ページに誘導する手法(アフィリエイト)も販売促進の手段としてよく使われる。B2Cに準拠した販売システムは拡大の一途を辿り、AmazonAppleなどの国際的規模の大企業を産んだ。今後は電子書籍オンライン販売が急成長を遂げるものと期待されている。

(高安正明  ITライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集の解説

B2C

B2CとはB to Cのことをいう。B to Cの項参照。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

B2C

B to C

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

B2Cの関連キーワードECCtoC電子商取引BtoCB to BB to B to CシーツーシービーツーシービーツービーB to B/B to C

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

B2Cの関連情報