B2C

知恵蔵の解説

B2C

Business to consumerの略。B2Cは、企業が個人消費者を対象にして行う電子商取引のことで、一般的なネット通販の他、ストリーミング配信形式によるコンテンツ販売、個人投資家を対象としたインターネットトレーディングサービスなどを含む。
インターネットの普及で変化した企業と消費者とのかかわり方を端的に表現するために生まれた用語の一つであり、同カテゴリの語には「B2C」「C2C」などがある。「B」は「Business」(企業)、「C」は「Consumer」(一般消費者)の頭文字である。
B2Cサイトによる通販が企業に利益をもたらすかどうかは、そのサイトを訪れるユーザーの数にほぼ比例する。このため、多くのB2Cサイトは、アクセス数を増やすための工夫をホームページ内部に盛り込む。アクセスアップのために用いられる手段として一般的なのが、「SEO対策」と呼ばれる。これは、各種検索エンジンでの検索結果上位にそのサイトのリンクを表示させるための各種の対策手段である。また、個人ベースのホームページ管理者に広告を表示させ、商品販売ページに誘導する手法(アフィリエイト)も販売促進の手段としてよく使われる。B2Cに準拠した販売システムは拡大の一途を辿り、AmazonやAppleなどの国際的規模の大企業を産んだ。今後は電子書籍のオンライン販売が急成長を遂げるものと期待されている。

(高安正明  ITライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B2Cの関連情報