コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Becher,J.J. BecherJJ

世界大百科事典内のBecher,J.J.の言及

【化学】より

…しかし古い物質観が直ちに消滅したわけではなかった。1669年ベッヒャーJohan Joachim Becher(1635‐82)は,古代ギリシア時代から漠然と考えられていた可燃性の本体に〈油性の土〉という名を与えた。この考え方をさらに推し進めたG.E.シュタールは,可燃性の本体を〈点火する〉という意味のギリシア語にちなんで〈フロギストンphlogiston〉と命名した。…

※「Becher,J.J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Becher,J.J.の関連キーワードベッヒャー(夫妻)ベッチャライトクーネルトグルスキーシュタールルフ(Thomas Ruff)