コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官房学 かんぼうがくKameralwissenschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官房学
かんぼうがく
Kameralwissenschaft

17~18世紀のドイツで富国策として発展したカメラリスムスを体系化した学問をいう。官房学ないし官房学派 Kameralismusとは,君侯の内府 Kammerからきた言葉である。イギリスの重商主義が,王室の財政中心とはいえ,ある程度まで国民的視野に立っていたのに対し,16~18世紀中頃にかけてのドイツにはまだ統一国家がなく,大小多くの領邦に分裂しており,完全な農業国で,その富強化のためには文化面も含めて国家問題の全般を掌握する特殊な専門家を必要としていた。このことが国家に関する諸科学,すなわち経済理論,経済政策財政学行政学,技術工芸学などの集合体たる特有の官房学を生み出した要因と考えられている。 1727年にハレ大学とフランクフルト・アン・デア・オーデル大学に官房学の講座が開設されたときを境に,通常は前期官房学と後期官房学とに分けて考えられており,前期の代表者は J.ベッヒャー,W.シュレーダー,V.ゼッケンドルフらであり,後期の代表者は J.ユスティ,J.ゾンネンフェルスらである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぼう‐がく〔クワンバウ‐〕【官房学】

17~18世紀にかけてドイツ・オーストリアで発展した、富国策を中心とする財政・行政経済政策などに関する思想体系。カメラリズム

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

官房学【かんぼうがく】

ドイツ語Kameralwissenschaft,Kameralismusの訳。17世紀後半から18世紀末にドイツ諸邦で発展した学問で,経済,行政,財政等にわたり,絶対君主制の確立を目指す領邦君主と官僚(官房)に奉仕した。
→関連項目租税公需説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぼうがく【官房学 Kameralismus[ドイツ]】

17世紀後半から18世紀末にかけて神聖ローマ帝国下のドイツ・オーストリアに発達した,行政に関する諸学の総称。三十年戦争後のウェストファリア条約(1648)により神聖ローマ帝国内の各領邦には領邦主権が認められ,帝国は連邦となった。これ以降各領邦君主は絶対君主制の確立をめざして競争しはじめた。当時の領邦君主を補佐していた官庁が官房Kammerと呼ばれ,ここに近代官僚制の萌芽が形成されていたのである。官房学はこのような領邦君主と官僚のための学問であり,絶対君主制を確立するための学問であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんぼうがく【官房学】

一七、八世紀のドイツ・オーストリアを中心に展開された、絶対主義的国家統治、特に行財政に関する学問。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の官房学の言及

【行政学】より

…広義には,政府の行政に関する種々の研究の総称である。この広義の行政学の淵源をもとめるなら,それは17世紀中葉以来神聖ドイツ・ローマ帝国内の各地で発達した官房学である。官房学は,のちの財政学,行政学,行政法学,経済政策学等の母胎であった。…

※「官房学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官房学の関連キーワードワーグナー(Adolf Heinrich Gotthilf Wagner)ハレ・ウィッテンベルク大学カメラリストベックマンマイアー国家技術警察国家商業学法正林国状学テーア長田新林学租税

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android