コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Burst SRAM

1件 の用語解説(Burst SRAMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Burst SRAM

アドレスを1回指定して、複数回データアクセスできるバースト転送を実装したSRAM。一般的には、バースト転送をサポートした高速な同期型SRAMを指すことが多い。Pentium以降のx86プロセッサーに対応したBurst SRAMは、50M~167MHz程度のクロック周波数に同期して、連続で4つのデータを1クロックごとに転送できる。PB SRAMに比べると、Burst SRAMは内部でパイプラインを組むことなく、メモリーセルと1クロックごとに転送できるスピードを備えているため、レイテンシは小さい傾向にある。半面、製造コストは高くなりがちのようだ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Burst SRAMの関連キーワードアドレスアドレス空間アドレスレジスターサブネット照合バーストモードバス物理アドレスリターンアドレスローカルアドレス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone