クロック周波数(読み)クロックシュウハスウ

ASCII.jpデジタル用語辞典「クロック周波数」の解説

クロック周波数

コンピューター内部でさまざまな動作のタイミングをとるために使われる時間信号クロックという。コンピューターの回路は、クロックに合わせてメモリー読み書きなどをするため、クロックの速さが演算の速さに影響する。クロック周波数は、1秒間にクロックが発生する回数を表す値で、この数値が高いほど高速に処理できる。単位Hzを用いる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵「クロック周波数」の解説

クロック周波数

一般には、CPUの動作速度を示す「CPUクロック」を指す。パソコン内の各部品がデータを交換するタイミングを一致させるためにクロックという部品が発している信号の周波数を基準とする。周波数が高い(数字が大きい)ほど、1秒当たりのデータ交換回数を増やすことができ、計算速度やデータ転送速度を高めることができる。

(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本「クロック周波数」の解説

クロック周波数

MHz(メガヘルツ)やGHz(ギガヘルツ)という単位で表されたCPUの計算スピードです。CPUの内部構造が違うと単純な比較はできませんが、同じCPUならクロックの数値が大きいほど高性能だといえます。
⇨CPU、GHz、MHz

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android