半面(読み)はんめん

精選版 日本国語大辞典「半面」の解説

はん‐めん【半面】

[1] 〘名〙
① 面の半分。また、顔の半分。片面
※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「或従知識の正当恁麽時、あるひは半面を見す、あるひは半身を相見す」 〔南史‐后妃伝〕
② 物の片側。別の面。ある一方だけの面。また、相対するもののもう一つの面。
※地理初歩(1873)〈文部省編〉二「東の半面を、示したる図を、東半球の図と云ひ」
③ (━する) 隠れ忍ぶこと。
吾妻鏡‐元暦元年(1184)三月一三日「広常誅戮之後、成恐怖面辺土
④ 俳優が、顔の上半分、または下半分に仮面をつけた状態。
歌舞伎・茨木(1883)「よろしくあって、よき程に鬼の半面になり」
⑤ 歌舞伎で顔をそぎ落とされた場面などに口にくわえて用いる張子の面。くわえめん。
[2] 俳句雑誌。明治三四年(一九〇一)八月から同四一年七月まで断続的に刊行。主情的で自由な主観句を提唱岡野知十主幹とし荻原井泉水、渡辺水巴らが輩出。半面派と呼ばれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「半面」の解説

はん‐めん【半面】

顔の半分。
ある広さの表面の半分。「テニスコートの半面を使う」
物事の片方の面。一面。「問題の半面しか見ない」「父親としてのやさしい半面もある」
[類語](2平面表面球面曲面断面側面底面片面両面/(3片側片面反面一面他面一方片方片一方片割れ他方側面片端一端一半一環片鱗一面的一方的サイド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「半面」の解説

【半面】はんめん

少し顔見知り。白居易〔元九()に与ふる書〕初めて士に應じたる時、中(しま)(遠縁)の親無く、官に面の無し。

字通「半」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android