Cクリップ(読み)C-Clip

パラグライダー用語辞典の解説

Cクリップ

アクセルラインとパラグライダーライザー部のアクセル機構を結ぶ金具。ここは以前、ナス管や小型カラビナを使用していたが、接続し易く、小型なCクリップが登場し、現在では殆どのメーカーがこれを採用している。材質はアルミ合金とステンレススチールがあり、形状はほぼ同じであるが厚さ・スリットの幅が微妙に異なる。使用に際してはCクリップどうしが結合しあうので厚さが違うとはずれ易くなったりする為、材質は揃えた方がよい。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android