Cストール (読み)C-stall 

パラグライダー用語辞典の解説

Cストール 

Cライザーを引きストール(失速)させることをCストールまたはCライザーストールと言う。パラグライダーは各ライザーを引く事で部分的にストール状態をつくり、特にAライザ-やBライザーでのストールがよく使われる。Cライザーを引く事でもストール状態にする事は可能であるが、Cライン付近のを部分ストールをさせてもあまり意味がなく、それ以上の引き方であえてCライザーにてフルストールをさせる事も意味が無い。この為、Cストールは実用上殆ど使われない。ただし、Cラインが翼端付近の後部に接続され、Cライザーを引く事により翼端の後部が大きく内側に折れ、Aライン外側を引く両翼潰しの高度処理に代用できる構造の機体もあり、Cライザーストールを頻繁に使うものもある。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android