コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Cストール  C-stall 

1件 の用語解説(Cストール の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

Cストール 

ライザーを引きストール(失速)させることをCストールまたはCライザーストールと言う。パラグライダーは各ライザーを引く事で部分的にストール状態をつくり、特にAライザ-やBライザーでのストールがよく使われる。Cライザーを引く事でもストール状態にする事は可能であるが、Cライン付近の翼を部分ストールをさせてもあまり意味がなく、それ以上の引き方であえてCライザーにてフルストールをさせる事も意味が無い。この為、Cストールは実用上殆ど使われない。ただし、Cラインが翼端付近の後部に接続され、Cライザーを引く事により翼端の後部が大きく内側に折れ、Aライン外側を引く両翼潰しの高度処理に代用できる構造の機体もあり、Cライザーストールを頻繁に使うものもある。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Cストール の関連キーワードネブライザープーリーグラフィックイコライザースタビライザーカタライザーAストールディープストールBストールライザーリアーライザー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone