両翼(読み)リョウヨク

デジタル大辞泉の解説

りょう‐よく〔リヤウ‐〕【両翼】

鳥や飛行機などの、左右のつばさ。
左右に張り出して位置するもの。軍隊の布陣の左右の部分など。「両翼から攻める」
野球で、左翼と右翼。「両翼の深い球場」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうよく【両翼】

鳥や飛行機の、左右のつばさ。
左右に張り出したもの。特に、軍隊の、左右に布陣した隊。 「 -から攻める」
野球で、外野の左翼と右翼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐よく リャウ‥【両翼】

〘名〙
① 鳥の左右つばさ
※正法眼蔵(1231‐53)身心学道「去来は尽十方界を両翼三翼として、飛去飛来し」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「岩の上に雌鷲が足を縮め、両翼(リャウヨク)を開き」 〔漢書‐王莽伝下〕
飛行機、水中翼船などの左右の翼。
※剥製(1969)〈三浦哲郎〉二「そのロケットは、両翼の付け根に二基取りつけてあるが」
③ 転じて、左右に位置するもの。左右に張り出したもの。また特に軍隊の布陣で、左右の部分。
※搦手から(1915)〈長谷川如是閑〉殿さまお目ざめ「額の広い、頬の豊かな、眉毛の濃い、眼の大きい、鼻の両翼(リャウヨク)の張った割に髭の振はぬ」
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉平凡な大投手「両翼(リャウヨク)には芝生のスタンドを設け」 〔五代史‐杜重威伝〕
④ 左右から補佐するもの。左右にあってささえとなるもの。左右で張り合っているもの。
※抒情詩(1897)花ふゝき〈太田玉茗〉序「韻文と散文とは、純文学の両翼にして」
⑤ 鷹の翼の部分の名。〔武用弁略(安政再板)(1856)〕
左翼(さよく)と右翼(うよく)の併称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両翼の関連情報