コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CCDイメージセンサー CCDいめーじせんさー/しーしーでぃーいめーじせんさー charge coupled device image sensor

3件 の用語解説(CCDイメージセンサーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

CCDイメージセンサー

入力された光の強さに応じて電荷を発生する感光部と、電荷を転送できるMOS(金属酸化膜半導体)型コンデンサーを多数格子状に配列した固体撮像素子。各コンデンサーは隣のコンデンサーに電荷を移動できるように作られているため、電荷結合素子(CCD)と呼ばれるCMOSイメージセンサーよりも高速、高感度なため動画の撮像素子として、ビデオカメラに使われている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

シーシーディーイメージセンサー【CCDイメージセンサー】

CCDを利用したイメージセンサー。デジタルカメラやビデオカメラなどに搭載される。CMOS(シーモス)イメージセンサーに比べ感度が高いが消費電力が大きい。◇略して「CCDセンサー」「CCD」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CCDイメージセンサーの関連キーワードターゲットリフレッシュn型半導体吸光度磁化率電場応能負担エアリーの式カー‐ニューマンブラックホールメルケルの法則

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CCDイメージセンサーの関連情報