コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CISL チズルCISL

デジタル大辞泉の解説

チズル【CISL】[Confederazione Italiana Sindacati Lavoratori]

《〈イタリア〉Confederazione Italiana Sindacati Lavoratori》イタリア労働者組合総同盟。カトリック系を中心とする、イタリア三大労働組合中央組織の一。CGIL(チジル)イタリア労働総同盟)から分裂して1950年結成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のCISLの言及

【キリスト教労働組合】より

…フランスでは,有力なフランス・キリスト教労働総同盟(CFTC,1919設立)が64年に〈組織の世俗化〉をめざしてフランス民主労働総同盟(CFDT(セーエフデーテー))と改名し(一部はそのまま残った),その組織と行動力を高め,77年には旧キリスト教系の国際労連(WCL)と手を切るに至った。イタリアでは旧キリスト教系労働組合と合体したCISL(イタリア労働組合同盟)が国際自由労連に加盟し,傘下の一部ACLI(イタリア・カトリック労働者協会)が国際労連の特別加盟にとどまるだけである。 キリスト教労働組合が有力なのはベルギー(CSS,1909設立)とオランダである。…

【CGIL】より

…現地音ではチージーイーエッレ。イタリア最大のナショナルセンターで,CISL(イタリア労働者組合総同盟),UIL(イタリア労働総連合)とともに三大労組とよばれる。CGILの前身CGLが設立されたのは1906年で,20万人が加わったCGL内では改良派が多数を占め,革命的サンディカリストらがこれに対立した。…

【労働組合】より

…これにはフランス,イタリア,スペインなど南西ヨーロッパ諸国の組合が該当する。ナショナル・センターがイデオロギーにより分裂しており(たとえばフランスでは労働総同盟CGT(セージエーテー),労働総同盟・労働者の力CGT‐FO(セージエーテーエフオー),民主労働連盟CFDT(セーエフデーテー),イタリアでは労働総同盟CGIL,労働者組合総同盟CISL,労働総連合UILのように),共産主義を志向する組合が有力な地位を占めている(たとえばCGTやCGILは世界労連に加盟している)。これらの上部団体は産業別組織原則を方針として掲げているが(フランスでは1906年のアミアン憲章ですでに産業別組織原則がとられた),実際には傘下に古い手工的熟練労働者metierタイプの組合も残っており,産業別の統一はそれほど進んでいない(ただしイタリアでは1973年以降,三大労組の間に共闘体制が組まれ組織の統一への動きがみられる)。…

※「CISL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

CISLの関連キーワードキリスト教民主党[イタリア]CGIL

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android