コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CGIL チジルCGIL

4件 の用語解説(CGILの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チジル【CGIL】[Confederazione Generale Italiana del Lavoro]

《〈イタリアConfederazione Generale Italiana del Lavoro》イタリア労働総同盟。イタリア最大の労働組合中央組織(ナショナルセンター)。1944年設立。1950年にCISL(チズル)(イタリア労働者組合総同盟)とUIL(ウイル)(イタリア労働者同盟)が分離。この三者が三大ナショナルセンターとよばれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シージーアイエル【CGIL】

Confederazione Generale Italiana del Lavoroの略。イタリア労働総同盟と訳される。現地音ではチージーイーエッレ。イタリア最大のナショナルセンターで,CISL(イタリア労働者組合総同盟),UIL(イタリア労働総連合)とともに三大労組とよばれる。CGILの前身CGLが設立されたのは1906年で,20万人が加わったCGL内では改良派が多数を占め,革命的サンディカリストらがこれに対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のCGILの言及

【CGIL】より

…イタリア最大のナショナルセンターで,CISL(イタリア労働者組合総同盟),UIL(イタリア労働総連合)とともに三大労組とよばれる。CGILの前身CGLが設立されたのは1906年で,20万人が加わったCGL内では改良派が多数を占め,革命的サンディカリストらがこれに対立した。11年のリビア戦争後,社会党の指導権は改良派から左派に移るが,CGLにおける改良派の地位は安定していた。…

【労働会議所】より

…しかし21年以降,ファシストによる襲撃や事務所の破壊をうけて弱体となり,26年ムッソリーニ政府に非合法化された。レジスタンス闘争期の44年に再建され,第2次大戦後は労働総同盟(CGIL)に加入する地域単位の組合としての機能を果たしている。【北原 敦】。…

【労働組合】より

…これにはフランス,イタリア,スペインなど南西ヨーロッパ諸国の組合が該当する。ナショナル・センターがイデオロギーにより分裂しており(たとえばフランスでは労働総同盟CGT(セージエーテー),労働総同盟・労働者の力CGT‐FO(セージエーテーエフオー),民主労働連盟CFDT(セーエフデーテー),イタリアでは労働総同盟CGIL,労働者組合総同盟CISL,労働総連合UILのように),共産主義を志向する組合が有力な地位を占めている(たとえばCGTやCGILは世界労連に加盟している)。これらの上部団体は産業別組織原則を方針として掲げているが(フランスでは1906年のアミアン憲章ですでに産業別組織原則がとられた),実際には傘下に古い手工的熟練労働者metierタイプの組合も残っており,産業別の統一はそれほど進んでいない(ただしイタリアでは1973年以降,三大労組の間に共闘体制が組まれ組織の統一への動きがみられる)。…

※「CGIL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

CGILの関連キーワードスイスCGILスイス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CGILの関連情報