CIX(読み)きっくす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CIX

米国で1993年からサービスが開始された、インターネットエクスチェンジ相互接続点)とそれを運営する商用インターネット相互接続協会のこと。もともと、インターネットサービスプロバイダーNSFnetを介してインターネットへ接続していた。しかし、NSFnetが学術利用に限定されていたため、商用利用を目的とした相互接続点の設置が必要となり、非営利機関のCIXが設立された。現在では世界中で150カ国以上の地域のプロバイダーと結ばれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シックス【CIX】[Commercial Internet Exchange]

Commercial Internet Exchange》米国の商用プロバイダー間を結んだ相互接続点。また、それを運用した商用インターネット相互接続協会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android