Camus,É.L.(英語表記)CamusEL

世界大百科事典内のCamus,É.L.の言及

【歯車】より

…ギヤともいう。2軸の間に回転を伝えたり,動力を伝える機械部品の一種。この種の運動を実現させるもっとも簡単な方法は,2軸にそれぞれ円筒を取り付けて,これを互いに押しつけながら摩擦力で回転させるものである。しかしこの場合,伝達動力が大きくなると,円筒どうしが互いに滑るようになり,動力の伝達が有効に行えなくなる。そこで両方の円筒の周辺に等間隔に突起をつけ,その一つ一つがかみ合うようにすると,滑りを起こさずに目的を達することができる。…

※「Camus,É.L.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android