コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体感症 たいかんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

たいかんしょう【体感症】

体感の障害された病態で,フランス語でセネストパティーcénesthopathieともいわれる。軽度の体感異常から,〈脳がくさって溶けてしまった〉〈腸がねじれている〉〈性器にいたずらされる〉など,幻覚のようなものまである。多くは奇妙で追体験できない感覚である。このような体感異常は鬱(うつ)病,脳萎縮,とりわけ精神分裂病に出現する。また臨床上,奇妙な体感異常を単一症状として慢性に経過するものが知られており,一つの疾患単位とみなされている(デュプレE.DupréとカミュP.Camusによって提唱された)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

体感症の関連キーワード心身症

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android