アシボソ(英語表記)Microstegium vimineum A.Camus ssp.polystachyum (Fr.et Sav.) T.Koyama

世界大百科事典 第2版の解説

アシボソ【Microstegium vimineum A.Camus ssp.polystachyum (Fr.et Sav.) T.Koyama】

丘陵地から低い山地のの中に普通にみられるイネ科一年草(イラスト)。和名脚細(あしぼそ)の意味で,基部が非常に細いに由来する。茎は細長く,基部は横にはい,からを出し,節で折れ曲がりながら立ち上がり,枝分れし,高さ40~70cmになる。葉はまばらにつき,細い披針形で,薄く,長さ7cmくらい,幅は1cmほどで,基部は長い鞘(さや)となり茎を包む。夏の終りから秋にかけて,茎の花序を出し,1~3個の総(ふさ)を掌状につける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシボソ
あしぼそ / 脚細
[学]Microstegium vimineum (Trin.) A.Camus var. polystachyum (Fr. et Sav.) Ohwi

イネ科(APG分類:イネ科)の一年草。稈(かん)は細く、斜上して分枝し、高さ0.4~1メートル。9~10月に開花。小穂は2小花性で、対になって掌状に並んだ1~3本の細長い花序の軸につき、披針(ひしん)形。基部に短毛があり、頂端から芒(のぎ)を出す。基本種は芒の出ないものでヒメアシボソM. vimineum (Trin.) A.Camusとして区別する。ともに日本全土の丘陵地に群生し、アジアに広く分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android