コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシボソ Microstegium vimineum A.Camus ssp.polystachyum (Fr.et Sav.) T.Koyama

世界大百科事典 第2版の解説

アシボソ【Microstegium vimineum A.Camus ssp.polystachyum (Fr.et Sav.) T.Koyama】

丘陵地から低い山地の林の中に普通にみられるイネ科一年草(イラスト)。和名は脚細(あしぼそ)の意味で,基部が非常に細い茎に由来する。茎は細長く,基部は横にはい,節から根を出し,節で折れ曲がりながら立ち上がり,枝分れし,高さ40~70cmになる。葉はまばらにつき,細い披針形で,薄く,長さ7cmくらい,幅は1cmほどで,基部は長い鞘(さや)となり茎を包む。夏の終りから秋にかけて,茎の頂に花序を出し,1~3個の総(ふさ)を掌状につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシボソ
あしぼそ / 脚細
[学]Microstegium vimineum (Trin.) A. Camus var. polystachyum (Fr. et Sav.) Ohwi

イネ科の一年草。稈(かん)は細く、斜上して分枝し、高さ0.4~1メートル。9~10月に開花。小穂は2小花性で、対になって掌状に並んだ1~3本の細長い花序の軸につき、披針(ひしん)形。基部に短毛があり、頂端から芒(のぎ)を出す。基本種は芒の出ないものでヒメアシボソM. vimineum (Trin.) A. Camusとして区別する。ともに日本全土の丘陵地に群生し、アジアに広く分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アシボソの関連キーワードノボリリュウ(昇竜)ヒメアシボソノボリリュウヤワラガニコジャノメササガヤ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android