コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Centro Centro

世界大百科事典内のCentroの言及

【ネオレアリズモ】より

…ニーノ・マルトリオ監督《闇に落ちた人々》(1914)とグスタボ・セレナ監督《アッスンタ・スピーナ》(1915)がその流れの代表作で,イタリアの映画作家でこの2作品の洗礼を受けなかった者はいないといわれる。この2作品はイタリアの国立映画学校である〈映画実験センターCentro Sperimentare di Cinematografia〉(通称〈チェントロCentro〉)のすぐれた教材となり,ここに〈ネオレアリズモ〉の根があるということもできる。ファシスト政権下でイタリア映画そのものが衰退した時代にも,この流れはアレッサンドロ・ブラゼッティ監督《1860年》(1933)やマリオ・カメリーニ監督《殿方は噓つき》(1932)に引き継がれていく。…

※「Centro」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Centroの関連キーワードバリオス(Justo Rufino Barrios)ゴードン(Douglas Gordon)北中米カリブ海サッカー連盟アドルフォ ナタリーニタマゴヤドリコバチスティラコサウルスバンケン(蕃鵑)キリスト教民主党キタガミトビケラパキリノサウルスエルサルバドル黒珠数角蟻塚虫ムラサキウニ中米統合機構蝦夷馬糞海胆薄翅小蜉蝣ラ・オロヤバフンウニアカウニツノゼミ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Centroの関連情報