コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Clark,E.B. ClarkEB

世界大百科事典内のClark,E.B.の言及

【ラグビー】より

…このことによってユニオンラグビーがこれまで守り続けてきた〈アマチュアリズムの精神〉は崩壊をむかえることになった。 一方,日本では1899年(明治32)の秋に慶応義塾大学予科に英語教師として赴任したクラークEdward B.Clark(1874‐1934)とイギリスのケンブリッジ大学の留学から帰国した田中銀之助(1873‐1943)らによってラグビーの指導を受けた慶応の学生達がそれ以前からあった横浜や神戸の外人クラブと対戦を行っている。また,日本体育会体操学校(日本体育大学の前身)でもこれと同時期かあるいはそれ以前(1899年4月~12月)に,同校教師の高橋忠次郎(1870‐1914)によって実験と称した〈ラグビー競技の実演(体験)〉が体操学校生徒に行われている。…

※「Clark,E.B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Clark,E.B.の関連キーワード心理言語学おもなお雇い外国人粘性率構造的過圧力楢原じゅんや新スーパーマンクラークシリウスの伴星有効競争ルイス=クラーク探検隊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android