コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーク湖国立公園(読み)クラークここくりつこうえん(英語表記)Lake Clark National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラーク湖国立公園
クラークここくりつこうえん
Lake Clark National Park

アメリカ合衆国,アラスカ州南部に位置し,アンカレジ西方,クック湾の西岸を占める。 1978年国定記念物に指定され,80年国立公園となる。面積1万 4789km2。あわせて国立公園と一体を成す保存地区 4730km2を設定。長さ 65kmのクラーク湖はチグミト山地東麓に位置し,ベニサケの産卵地として知られる。公園内には活火山を含む 3000m級の山がそびえ,多くの氷河や滝,ツンドラがみられる。カリブードールシープ (野生ヒツジ) ,アメリカグマグリズリー (ハイイログマ) ,ハクトウワシなどが生息。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android